このページの本文へジャンプ 
サイト共通メニューへジャンプ 
会員向けメニューへジャンプ
電子出版制作・流通協議会



mainVisual mainVisual

ようこそ、電子出版制作・流通協議会へ

 日本の電子出版産業の成長と健全な発展のための環境の実現を目指し、電子出版産業の発展のため課題の整理と検証、配信インフラ基盤に関わる問題解決、市場形成における検証や電子出版振興に関わる提言等、出版社や出版関連団体、権利者および行政との密接な連携により、電子出版の発展に貢献できる活動をいたしたいと思います。

  • お知らせ
  • 電子出版ニュース
  • 活動スケジュール
お知らせ


2017年11月10日 『電子図書館・電子書籍貸出サービス 調査報告2017』 刊行

電流協「電子図書館部会」では、今年度(2017年度)、全国の公共図書館・関東地区の大学図書館に対し「電子図書館・電子書籍貸出サービス」の導入状況や導入意向に関するアンケートを実施しました。また、合わせて電子図書館・電子書籍貸出サービス事業者に対しても、各社のサービス実体に関するアンケートを実施いたしました。

これらのアンケート回答の結果や、昨年実施した「学校図書館における電子書籍利用調査」の結果等を盛り込んだ報告書を、「電子図書館・電子書籍貸出サービス 調査報告2017」として発刊いたしました。
詳細はこちらから



2017年10月23日 Webサイト内全ページの常時SSL化実施

皆さまにより安全に当協議会Webサイトをご利用いただくため、Webサイト内全ページの常時SSL化(ページの通信を暗号化するセキュリティ対策)を行いました。
常時SSL化により、第三者によるデータの盗聴・なりすまし・改ざんなどの危険性を回避するとともに、皆さまからのお問い合わせ内容等の個人情報を保護いたします。
※一部、お問い合わせや申込みフォームのURLが変更になっております。トップページのリンクよりアクセス頂きますようお願い致します。



2017年09月07日 セミナー『変貌する出版プラットフォーム2.0』について

【内容】電子書籍・電子雑誌市場(電子出版市場)における国内外のプラットフォーマー及びプラットフォームの動向分析やビジネスモデル分析、これからの導入が予測される新しい基盤技術について概観する。

【日時・場所】2017年10月17日(火)15:00-16:30 JCIIビル

【講師】出版コンサルタント 堀 鉄彦氏
詳細はこちら



2017年08月02日
電子出版ニュース・活動スケジュール・活動実績(会員専用)を更新いたしました。



2017年08月01日 「“学校図書館と電子書籍”基礎講座」について

2020年のデジタル教科書本格導入に伴い、学校での電子書籍利用の可能性が高まるなか、
教職員が修得すべきICTや電子書籍の知識や授業での活用方法などについて学べる研修講座です。
※電流協は本講座を後援しています。

豪華講師陣から直接、学校図書館への電子書籍の導入から活用までの基礎が学べる、デジタル時代の学校関係者必聴の講座です。

【日時・場所】
・09月21日(木)18:30〜21:00 【受付終了】
・10月16日(月)18:30〜21:00 【受付終了】
・11月12日(日)14:00〜18:00 【受付終了】
・12月10日(日)13:00〜17:00 【受付終了】

※開催日ごとに場所が異なります。
 詳しくは詳細ページを参照ください。

詳細・お申込みはこちらから



2017年07月13日 公共図書館及び、大学図書館(関東地区)のアンケートを実施しています。
内容は以下のページから説明ページをご覧ください。


2017年公共図書館のアンケートの内容についてはこちらをご覧ください。

2017年大学図書館アンケート(関東地区)の内容についてはこちらをご覧ください。



2017年07月05日
電子出版ニュース・活動スケジュール・活動実績(会員専用)を更新いたしました。



2017年05月08日
電子出版ニュース・活動スケジュール・活動実績(会員専用)を更新いたしました。



2017年05月02日 オープン報告会 「学校図書館における電子書籍利用の可能性を探る」

【詳細】
 電流協では、図書館振興財団の助成を受け、出版社8社と公私立の小中高校11校に協力いただき「電子図書館システム」と「電子書籍専用端末」を用いた実証事業を行い、1,900人の教職員・児童生徒を対象としたアンケート調査を実施しました。
 本報告会では、今回の実証事業により得られた、将来に向けて、出版関係者や学校図書館関係者がとるべき対応についての知見についてご紹介します。

【日時・場所】
・2017年05月29日 月曜日
・専修大学 神田キャンパス 15教室(2号館地下1階) 定員120名
・参加費無料

【申し込み】 ※本セミナーは終了しました。

【実証事業報告書】
学校図書館電子書籍利用モデル報告書(PDF)



2017年04月13日
議事要旨更新(会員専用)
・第21回 オンデマンド制作流通部会
・第39回 ビジネスモデル研究会
・第31回 広報普及委員会
・第 9回 流通規格・流通配信部会
・第 8回 流通規格・流通配信部会
・第30回 広報普及委員会

上記、議事要旨を掲載いたしました。



2017年04月06日
活動スケジュール・活動実績(会員専用)を更新いたしました。



2017年04月06日
電子出版ニュースを更新いたしました。



2016年12月01日 「出版プリントオンデマンド活用セミナー」開催について

【概要】
 出版におけるプリントオンデマンドの導入事例や有効活用の事例についてセミナーを開催させていただきます。

【日時・場所】
・2017年01月27日(金) 15:00-16:30
・場所:書協4階会議室(定員 約100名)(東京都新宿区袋町6番地)
・参加費無料(出版プリントオンデマンドにご興味のある方)

【申し込み】
 詳細・お申し込みはこちらから



2016年11月02日 公共図書館の電子図書館・電子書籍貸出サービスの状況についてのアンケート調査結果報告、『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2016』11月8日発行。
 一般社団法人 電子出版制作・流通協議会は、2016年7月から8月にかけて、公共図書館の電子図書館・電子書籍貸出サービスアンケートの調査を全国の公共図書館に実施し、公共図書館に関する電子図書館・電子書籍貸出サービスの調査結果を発表いたします。調査報告の詳細は、『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2016』(発売:印刷学会出版部)として発行し、11月8日より販売を開始します。

プレスリリースはこちらから



2016年11月02日
電子出版ニュースを更新いたしました。



2016年10月11日
電子出版ニュースを更新いたしました。



2016年08月25日 『出版における オンデマンド印刷活用のすすめ』を公表
 技術委員会 オンデマンド制作流通部会は、出版において、オンデマンド印刷とオフセット印刷の双方に対応可能な仕様について検討を行い、『出版における オンデマンド印刷活用のすすめ』を公開いたしました。
 この『活用のすすめ』では、オンデマンド印刷を活用するために、印刷製本の設計時に検討すべき仕様について明らかにしております。
 まだオンデマンド印刷に取り組んでおられない出版社においても、オンデマンド印刷の利点をご理解いただき、ご活用の検討いただければと存じます。

ダウンロードはこちらから



2016年08月02日
電子出版ニュースを更新いたしました。


2016年07月08日 JEPA/電流協 共催セミナー IDPF Bill McCoy氏:電子出版の将来展望
07月07日に開催されました資料を掲載しました。

詳細はこちらから



2016年02月16日 EPUBセミナー『EPUBの今後とACCESSの取り組み』の資料を掲載
01月22日に実施しましたセミナーの資料を掲載しました。

ダウンロードはこちらから



2016年02月10日 議事要旨更新(会員専用)
第26回 ビジネスモデル研究会
第 8回 オンデマンド制作流通部会
テーマ別研究会 教育ICT研究会 第6回
第 3回 技術委員会 制作規格部会
第19回 広報普及委員会
流通規格部会+電子出版流通配信部会 第6回合同部会

上記、議事要旨を掲載いたしました。



2016年02月10日 「障害者差別解消法に関するセミナー」の資料を掲載しました。
01月26日実施したセミナーの資料を掲載しました。

 ダウンロードはこちらから



2016年01月13日 議事要旨更新(会員専用)
2015年12月22日 第25回 ビジネスモデル研究会

上記、議事要旨を掲載いたしました。



2016年01月07日 議事要旨更新(会員専用)
流通規格部会+電子出版流通配信部会 第5回合同部会
第48回 流通委員会 電子図書館部会
第 7回 デジタル絵本研究会
第18回 広報普及委員会
第 2回 技術委員会 制作規格部会

上記、議事要旨を掲載いたしました。



2015年12月17日 「障害者差別解消法に関するセミナー」開催について
【概要】
 2016年4月の障害者差別解消法の施行を前に、図書館、出版社、電子書籍サービス事業者に求められると考えられる対応について解説します。

【日時・場所】
・日時:2016年01月26日(火)15:00-16:30
・場所:大日本印刷株式会社 五反田ビル 1F ホール

【申し込み】
 詳細・お申し込みはこちらから



2015年11月30日 『電子図書館・電子書籍貸出サービス 調査報告2015』
2015年11月刊行
[詳細はこちら]



2015年10月27日 2015年図書館総合展フォーラム
「図書館に電子書籍は増えるのか」
〜出版社による図書館向け電子書籍提供の本格化〜

【概要】
 電子出版制作・流通協議会では、毎年行われる公共図書館への電子図書館・電子書籍貸出サービス調査について、今年も行った。調査では電子書籍貸出サービスの普及も進んできたものの、阻害要因もはっきりしてきた。 その一つに図書館が利用できる電子書籍点数が少ないことや、今後の増加に対する懸念があった。 多くの出版社は電子書籍貸出サービスについて積極的になってきたものの、その実態がまだ図書館現場には伝わっていないと言えよう。 そこで有力出版社の電子出版担当者においでいただき、今後の電子図書館向け電子書籍の供給状況について検討する。

【日時・場所】
 ・11月11日(水) 15:30-17: 00
 ・パシフィコ横浜 第9会場 E204

【受講費】
 ・1,000円
 ・新刊資料本「電子図書館・電子書籍貸出サービス 調査報告2015」・・・1,500円(割引価格)

【セミナー講師及び司会】
司会:植村八潮(専修大学文学部教授)

「2015年度図書館アンケート速報」
 山崎榮三郎(電流協電子図書館部会委員長)

「講談社の電子書籍への取組みと電子図書館対応」
 吉羽治(講談社デジタル・国際ビジネス局)

「中小出版社の電子書籍への取組みと電子図書館対応の状況」
 沢辺均(ポット出版・版元ドットコム)

「出版社の発表を聞いて、公共図書館における電子書籍のとらえ方」
 小池信彦(調布市立図書館館長)

パネルディスカッション

【主催】
 ・一般社団法人 電子出版制作・流通協議会

【申し込み】
 定員になりましたので、申込受付を終了致しました。
 多くのお申込みありがとうございました。
 



2015年09月02日
電子出版ニュースを更新いたしました。


2015年07月14日 『オンデマンド印刷(出版物)における入稿仕様策定のための確認項目一覧』を公表
 技術委員会 オンデマンド制作流通部会は、製作会社が出版物のオンデマンド印刷における入稿仕様を策定する際に参考となる『オンデマンド印刷(出版物)における入稿仕様策定のための確認項目一覧』と、その項目の必要性や推奨設定などを説明した『その解説』を公開しました。
 この『確認項目一覧』及び『その解説』を、製作会社にて入稿仕様書の作成の際のたたき台としてご活用ください。

 ダウンロードはこちらから



2015年06月03日
電子出版ニュースを更新いたしました。




2015年06月01日 メールマガジン創刊
 電流協ではこの度メールマガジンを創刊いたしました。
 一般・賛助会員のみならず、過去に当協議会主催・共催のセミナーにご出席いただいた方々を対象に、月1回ペースで当協議会の委員会・部会・研究会などの活動についてご紹介いたします。また、セミナーやイベントなどの開催前には臨時増刊号を発行し、情報共有させていただきます。ご購読ご希望の方は下記詳細ページをご確認ください。

 詳細、ご登録・解除についてはこちら




2015年05月20日 定時社員総会開催のご報告
 去る5月19日(火)大日本印刷五反田ビル1Fホールにて定期社員総会を開催し、平成26年度活動報告・平成27年度活動計画及び、定款の一部変更について審議、承認されました。また、新理事の選任が行われました。

 詳細はこちらをご覧ください。



2015年05月08日
電子出版ニュースを更新いたしました。



2015年04月19日 公共図書館の電子図書館・電子書籍への取り組みに関するセミナーについて
◆セミナーの目的
 昨年度に続き、今年度も全国の公共図書館への「電子図書館・電子書籍貸出サービス」についてのアンケートを実施中。そのアンケートの内容の説明も含め、電子図書館への取り組みの施策や技術の情報などについて、セミナーを実施します。

◆セミナーの実施日時・会場・講師
 ◎日時・・・5月11日(月曜日)15時〜
 ◎会場・・・専修大学 神田キャンパス105教室 (東京都千代田区神田神保町3-8)
 ◎講師・・・
    植村八潮氏(専修大学教授・電流協 技術委員長)
    野口武悟氏(専修大学教授・電流協 電子図書館研究会 主要者)
    長谷川智信氏(凸版印刷)
    株式会社日本電子図書館サービス(JDLS)
    株式会社メディアドゥ

◆セミナー対象者(下記のみ)
 ◎公立図書館 〜 都道府県立および市町村立図書館の館長・館員

 詳細・お申し込みはこちら



2015年04月10日 「全国公共図書館」各位
 電子出版制作・流通協議会事務局から送らせていただいた、「電子図書館・電子書籍貸出 サービス」への取り組み等についてのアンケートについて、できれば下記Webサイトでのご回答をしていただければと存じます。
 ご対応のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
2015年「公共図書館の電子図書館・電子書籍サービスのアンケート」


2015年04月02日
電子出版ニュースを更新いたしました。


2015年03月05日
電子出版ニュースを更新いたしました。



※過去のお知らせ

電子出版ニュース

2017年

【11月】
・11月30日 電流協、電子書籍貸出サービスの現状、公共図書館などの調査元に刊行 【新文化】
・11月27日 日販、第70期中間決済、経費削減などで増益確保、書店事業集約で黒字化 【文化通信】
・11月27日 ジャパンタイムズ、ソニーデジタルペーパーで新聞配信サービス実証実験へ 【文化通信】
・11月27日 私立図書館「みる会図書館徳島館」、館内のタブレットで自由に閲覧できる電子書籍だけの図書館 【朝日新聞デジタル】
・11月27日 雑協・取協・コミック出版社の会、本屋さんに行こう!キャンペーン、年末年始特別販売 【文化通信】
・11月24日 漫画の海賊版被害どう防ぐ? 消費者の意識改革から 【日経産業】
・11月23日 東京版権説明会に250人、中国・韓国・台湾などから参加 【新文化】
・11月22日 グライダーアソシエイツ、出版との共存に挑む 【日経産業】
・11月20日 電流協、電子図書館・貸出サービス報告書を発行、電子貸出サービス伸び悩む 【文化通信】
・11月16日 ブックオフ、第二四半期決算、最終損益で赤字に 【新文化】
・11月16日 第19回図書館総合展、27出版社団体が出展、来場者30701人 【新文化】
・11月16日 アムタス、アミューズメント総合学院と共同で電子コミック制作 【新文化】
・11月15日 フーモア、イラスト・漫画作成、漫画の力、6000人束ね大企業も開拓 【日経産業】
・11月14日 日販、実需反映システム、予約数から出荷 【日経産業】
・11月13日 アマゾン、AIスピーカー、読売、朝日など新聞も対応 【文化通信】
・11月09日 図書印刷、桐原書店の株51%取得、教育事業を多面展開 【新文化】
・11月09日 トーハン、楽天・ドコモら3社と業務提携、共通ポイントサービス開始 【新文化】
・11月09日 出版デジタル機構、資本金と資本準備金を減少、11月30日付で実施 【新文化】
・11月09日 BOOK EXPO2017秋の陣、過去最多233社出展 【新文化】
・11月06日 文化通信調査、「電子書籍等ビジネス実態調査「コミック中心で大手集中進む」 【文化通信】
・11月06日 光文社、ネットギャリーで書店からレビュー収集、すでに11タイトル登録 【文化通信】
・11月06日 クールジャパン過半未達、戦略なき膨張、規律欠く官民 【日本経済新聞】
・11月03日 米Amazon、不在時、宅内に配達、米37都市で 【日経MJ】
・11月02日 丸善ジュンク堂、新社長に中川氏、工藤社長・岡副社長が辞任、10月25日臨時株主総会で 【新文化】
・11月01日 リーチサイト「紅籍会」運営者逮捕、海賊版誘導、報酬うたい投稿募る 【日本経済新聞】
・11月01日 DeNAと小学館、「MERY」11月21日に再開、校閲体制整う 【日経MJ】



【10月】
・10月31日 浜松市、楽天と電子図書館サービスにおける連携協力に関する協定を結ぶ 【日経産業】
・10月30日 書協、東京国際ブックフェアは来年も休止。代替イベントを検討 【文化通信】
・10月30日 講談社、ポリゴン・ピクチュアズと合弁会社、VR/ARで世界展開図る 【文化通信】
・10月26日 丸善日本橋店、「日本橋BOOKCON」盛況 【新文化】
・10月25日 岩波書店、広辞苑10年ぶりに改訂 【日本経済新聞】
・10月24日 産業革新機構、アジアベイシス(EC運営会社)株を紀伊國屋に譲渡 【日経産業】
・10月23日 出版デジタル機構、「ネットギャリー」サービス開始、当初参加出版社は17社 【新文化】
・10月20日 DeNA・小学館、プログラミング学習アプリ配信、小学生向け 【日経産業】
・10月19日 文春松井社長、「文庫貸し出しやめてほしい」、全国図書館大会で 【新文化】
・10月19日 東書など4社、デジタル教科書実証研究、学習履歴データを分析 【新文化】
・10月18日 ネット消費額7.9%増、食料品・日用品伸びる。日経調査 【日本経済新聞】
・10月17日 富士フイルムと富士ゼロックス、インクジェット印刷機販売統合 【日経産業】
・10月17日 紙需要8年連続減。今年度4.6%減。段ボールは微増 【日経産業】
・10月16日 徳間書店、専門組織設置しコンテンツマーケ支援を開始 【文化通信】
・10月16日 学研プラスがブックビヨンドなど併合、役員体制決める 【文化通信】
・10月16日 アマゾンジャパン、プライム会員向け読み放題サービス開始 【文化通信】
・10月16日 アマゾンジャパン、kindle最上位機種発表、提供電子書籍は60万タイトルに 【文化通信】
・10月16日 LINE 、広告プラットフォームに「LINE マンガ」追加 【文化通信】
・10月16日 JPO、JPRO第二フェーズ来春スタートに向け出版社説明会 【文化通信】
・10月12日 米ウォルマート、ネット分野投資加速。Amazon一強に待った 【日本経済新聞】
・10月12日 早川書房、カズオ・イシグロ ノーベル文学賞受賞作品105万部重版 【新文化】
・10月12日 楽天ポイント付与最大で8倍に、新たに書店も 【日経産業】
・10月09日 楽天、クーポン事業をイーパークに売却 【日経産業】
・10月05日 アマゾン、欧州委員会より330億円追徴。税優遇は違法認定 【日本経済新聞】
・10月05日 TSUTAYAとbooklive、「Airbook」にコミック追加 【文化通信】
・10月04日 東洋大学と武雄市、デジタル教科書 小中で実証実験 【日本経済新聞】
・10月04日 グーグル、有料読書獲得のためにメディアを支援。広告収入だけでは大規模な報道活動を支えきれないと判断 【日本経済新聞】
・10月04日 アマゾン、ファッション本格投資、大規模写真スタジオを品川に開設、企画・演出に活用 【日本経済新聞】
・10月03日 アマゾン、AIスピーカー日本で年内発売 【日本経済新聞】
・10月02日 日書連等業界7団体、「万引防止出版対策本部」発足 【文化通信】
・10月02日 小学館、アップビランと連携、マンガ配信アプリでネイティブ広告配信 【文化通信】
・10月02日 講談社・楽天、スマホ向けファッション誌10月創刊 【文化通信】
・10月02日 デジコミ協、マンガ翻訳コンテスト作品募集を開始【文化通信】
・10月02日 TUTAYA、漫画購入で電子版配信、フレックスコミックの漫画が対象、書店への来店を促す【日経産業】
・10月02日 CCC、中国の出版集団と合弁、両国で出版、ライセンスビジネスなど 【文化通信】



【09月】
・09月29日 TSUTAYA 漫画買うと電子版無料贈呈 【日経MJ】
・09月28日 ヤマト アマゾン向け値上げ合意 4割超で 【日本経済新聞】
・09月22日 文科省 英語教材 読み書き重視 小5,6向け 移行期の教材公表【日本経済新聞】
・09月22日 楽天 雑誌風サイト立ち上げ アパレル、女性誌とコラボ 【日経MJ】
・09月22日 NTTスマートコネクト 好みの漫画、AIお薦め 【日経MJ】
・09月21日 版元ドットコム 「倉庫会社の利用状況調査」 31社が取次出庫に利用 【新文化】
・09月21日 大日本印刷 ホワイトハッカー育成事業始める 【日経産業】
・09月21日 出版社、人気漫画などテーマに、VRコンテンツで稼ぐ 【日本経済新聞】
・09月21日 光文社 「VERY」異業種コラボ 携帯電話事業者や鉄道会社と 【新文化】
・09月21日 アマゾン 法人向け通販進出 月末締め払いも 【日本経済新聞】
・09月20日 楽天と講談社 ネット通販連携 女性誌「ViVi」コラボ 【日経産業】
・09月18日 文科省 子どもの読書活動推進 有識者会議 団体ヒアリング実施 【文化通信】
・09月18日 JPO ISBNコードの即時発行システム改修 【文化通信】
・09月13日 セブンイレブン 雑誌取り置き、約2300種、定期購読誌を発売日に 書店減少に対応、前払いなし、宅配も 【日経MJ】
・09月12日 凸版印刷 ICタグ1億枚発注で1枚5円から、小売向け 【日経産業】
・09月12日 図書館、マイナンバー活用 カードで貸出、200自治体で順次 【日本経済新聞】
・09月11日 LINE 無料漫画閲覧新サービスをスタート 【文化通信】
・09月08日 ヤフーや新潮社 文芸誌の連載小説 スマホでも読める、期間限定無料で 【文化通信】
・09月08日 エイベックス系 ユーチューブと連携 著作権使用料「見える化」 利用数に連動JASRAC影響も 【日経産業】
・09月07日 電通 ビッグデータ分析、個人ごと最適ネット広告 【日本経済新聞】
・09月07日 最大級「リーチサイト」強制捜査、漫画や書籍の海賊版へ誘導 【日本経済新聞】
・09月07日 紀伊國屋書店 文春と初の買切契約 初版1万部すべて 【新文化】
・09月07日 アマゾン新拠点 東京・八王子に11月稼働目指す 【日本経済新聞】
・09月06日 現地マンガ タイで芽吹く 配信アプリで普及 電子書籍大手が作品輸出 【日本経済新聞】
・09月06日 カドカワ 乗れるかネットの荒波【日経産業】
・09月05日 米Amazon アマゾン経済圏、VBにも 専用サイトで製品販売支援 2100社超、大ヒット有無【日経産業】
・09月04日 日販・ファミマ連携 出版不況で街の本屋さん「コンビニになる」 【日経MJ】
・09月04日 凸版印刷 シュフーとクックパッド 料理動画広告10月スタート 【文化通信】
・09月04日 スターツ出版 フリーマガジン「メトロミニッツ」発行、10月からウェブマガジンや予約サービスと連携 【文化通信】
・09月04日 オーディオブック市場拡大 育児中に耳学問、本スマホで再生、人気声優起用大ヒット【日経産業】
・09月04日 TRC 8月26日から書誌情報の一部オープン化、15項目を無償で提供 【文化通信】



【08月】
・08月31日 大日本印刷 「東京アニメセンター」を共同運営 DNPプラザに移転 【新文化】
・08月31日 出版デジタル機構 「ネットギャリー」で発売前の本を出版社が選んだ会員に送信 インフルエンサー役期待 【日経MJ】
・08月31日 集英社 決算「コミックス」大幅減に 売上高1175億前年比4.4%減 Web 版権好調 2ケタ増 【新文化】
・08月31日 光文社 決算「7期ぶり赤字決算」売上高221億前年比6.8%減 【新文化】
・08月28日 文科省 子供読書活動推進の次期計画策定へ 第1回有識者会議を開催 【文化通信】
・08月28日 ブックビヨンド 学研図書ライブラリー キッズデザイン受賞 【文化通信】
・08月24日 日販IPS 海外事業再構築へ 30か国へ自社出版 【新文化】
・08月24日 講談社 松田町と包括連携協定 小・中学生に電子書籍配信 【新文化】
・08月24日 紀伊國屋書店 SPIEと販売代理店契約提携 学術雑誌DBなど 【新文化】
・08月21日 小学館 「サンデーうぇぶり」(小学館) 「パブラス(ACCESS)」ベースでリニューアル開発 【文化通信】
・08月21日 アマゾン「同等性条件撤廃」公取委が自発措置として報告 【文化通信】
・08月21日 アマゾン 直取引が41%余に「バックオーダー終了で調査」(版元ドットコム調べ) 【文化通信】
・08月07日 総務省 「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」(特集企画) 【文化通信】
・08月04日 PODの利用が広がる、大日本印刷 個人注文が1割に拡大 【日本MJ】
・08月04日 DeNA 小学館と まとめサイト年内再開 女性向けファッションサイト 【日本経済新聞】
・08月03日 出版上半期販売概況 紙と電子で8310億円 紙7281億円5.5%減 電子1029億円21.5%増、電子占有12.4%に 【新文化】
・08月03日 講談社 デジタル広告が大幅伸長、広告賞で野間社長が報告 【新文化】
・08月03日 トーハン コミック売り場に「ウェブアプリ棚」スマホ読者を書店へ送客 【新文化】



【07月】
・07月31日 読書時間、アプリが紙を上回る調査結果報告 【文化通信】
・07月31日 韓国の図書館ツタヤスタイル、流行の発信地・江南でも活況 【日経MJ】
・07月31日 2017年上半期書籍・雑誌販売額、電子を加えて2.8%減に 【文化通信】
・07月31日 2016年度電子出版市場は2278億円、インプレス総研 【文化通信】
・07月27日 楽天と電通、デジタルマーケティングの新会社 【日経産業】
・07月25日 テレワーク・ディ、6万人参加、新しい働き方に挑戦 【日経産業】
・07月24日 日販、出版社との在庫連携に着手、「見える化」と「確約」に向けて始動、在庫表示から「調整中」消える 【文化通信】
・07月24日 凸版印刷とイオレが提携、ビックデータ生かした広告開発へ 【文化通信】
・07月20日 日販、「WEBマンガ総選挙」連動フェア 500書店で展開 【新文化】
・07月20日 トゥ・ディファクト、honto with に 「取り置き・受取り」機能 【新文化】
・07月20日 アマゾンジャパン、Kindle本プレゼント、マクドナルド2100店舗でキャンペーン 【新文化】
・07月20日 DNP、JDLS、武庫川女子大学と連携、電子書籍貸出し実証実験開始 【新文化】
・07月19日 大日本印刷、小学生の苦手勉強分析 復習教材を自動作成 【日経産業】
・07月19日 NEC、クラウド上の教育システム 大阪市の全小中に提供 【日経産業】
・07月17日 朝日新聞、ABCライツビジネス、オトバンク、3社で初のオーディオブック事業 【文化通信】
・07月17日 大阪屋栗田、2期分の決算発表、売上高829億円、2期は黒字、3期特損で赤字に 【新文化】
・07月17日 近畿大、オーバードライブ電子図書館を導入、国内私大で初めて 【文化通信】
・07月13日 JPRO、書協DB、書誌データベース統合の狙いは 【新文化】
・07月12日 ペッパー採算取れず、開発会社債務超過300億円 【日本経済新聞】
・07月10日 丸善日本橋店、BtoCイベント開催 【文化通信】
・07月10日 メディアドゥ、電子書籍流通でトップシェア、海外展開やアライアンスなど 【文化通信】
・07月10日 デジタルガレージ、講談社「HOLICS」サイト開設、雑誌とAI組み合わせた新メディア 【文化通信】
・07月07日 高知県立図書館と高知工業高等専門学校、図書館アプリを実証実験 【日経産業】
・07月06日 大手出版社と慶應大SFC、共同で未来の出版研究 【新文化】
・07月03日 電子書籍導入進まず、図書館、民間(電流協)調査で4% 【日本経済新聞 夕刊】
・07月03日 出版デジタル機構、紙本のネット販促サービス開始 【文化通信】
・07月03日 国立国会図書館、デジタル化資料送信サービス報告会 【文化通信】
・07月03日 近畿大、AIがお薦め書籍紹介 個別にSNS投稿分析 【日経産業】
・07月03日 ベネッセHD、東南アで幼児向け事業展開 【日本経済新聞】
・07月03日 シュフー、若年層や高齢層の利用が拡大、月間3億PV突破 【文化通信】
・07月03日 アマゾン、取次へのバックオーダー発注6月末で全面停止、倉庫業者とのEDIを拡大 【文化通信】
・07月03日 JPO定時総会、大久保顧問が専務理事に 【文化通信】
・07月03日 ABC協会が総会開催、電子発の雑誌も検討へ 【文化通信】



【06月】
・06月26日 絵本文化推進協会設立記念総会、専門家と書店などをマッチングへ【文化通信】
・06月26日 TSUYAYA、BOOKの組織を変更【文化通信】
・06月22日 凸版印刷、「本のギフトカタログ」開始、日本郵便と連携、6社の児童書、絵本など選書 【新文化】
・06月22日 デジタル機構、楽天ブックスへPOD書籍取次ぐ【新文化】
・06月22日 インプレスグループ、創設25周年企画、「著者向けPOD出版サービス」「賞金付きアワード」など【新文化】
・06月22日 アマゾン、独自の配送網 個人事業者1万人囲い込み 【日本経済新聞】
・06月22日 KADOKAWA、リアル書店で「dマガジン」販促実験【新文化】
・06月19日 日本の書店数1万2526店前年比962店減少、アルメディア調査,【文化通信】
・06月19日 書誌情報無償提供が前進、JPOなどが予備調査実施、公立図書館へも近刊情報提供へ【文化通信】
・06月19日 書協定時総会、出版情報登録センターと書協データーベースの統合 システム開発は数理計画【文化通信】
・06月19日 小学館、女性メディア局刷新、紙とウェブの編集部統合 【文化通信】
・06月19日 出版社24社、電通、富士山マガジンと共同で中国語圏で雑誌の電子配信開始【文化通信】
・06月19日 絵本ナビ、「毎日おはなし配信」サービス開始、電子書籍と朗読音声で配信 【文化通信】
・06月15日 版元ドットコム、hontoと近刊予約提携【新文化】
・06月08日 日販減収減益の連結決算、トーハン減収増益の連結決算【新文化】
・06月06日 アマゾン、出版社と取引拡大、「読みたいとき」逃さず 【日経産業新聞】
・06月05日 電流協、 「学校図書館電子書籍利用環境構築プロジェクト」結果報告【文化通信】
・06月05日 集英社、インフルエンサーマーケティング事業に参集、専属モデルなどがSNSで商品紹介 【文化通信】
・06月02日 公取委、アマゾン調査終了へ、最安値保証の契約見直し、独禁法違反判断せず 【日本経済新聞】
・06月02日 グーグル、子供向けゆうーチューブ、教育系の動画も充実 【日経産業新聞】
・06月01日 電流協、代表理事に杉本尚彦氏「流通再編、ICT活用に対応」【新文化】
・06月01日 小学館12年ぶり増収決算 売上高976億前年比1.8%増、デジタルコミックは既刊が好調【新文化】
・06月01日 オーディオブック、出版社の取り組み活発化 ジャンル拡大 パッケージ型からダウンロード型へ【新文化】



【05月】
・05月31日 配送危機 日販に追い打ち 出版不況4年連続売上高減【日経産業】
・05月31日 アマゾン、最安値要求撤回 出品者との契約 独禁法調査受け【日本経済新聞】
・05月29日 電流協、杉本尚彦氏(DNP)を会長に選任【文化通信(Web)】
・05月25日 教育ITソリューションEXPO 800社出展、3万人余が来場 デジタル教科書に力点【新文化】
・05月25日 honto 会員400万人突破【新文化】
・05月23日 メルカリ、トーハンと組む 新刊フリマで販売【日本経済新聞】
・05月22日 日販 雑誌不振で減収に 17年3月期業績【文化通信】
・05月22日 図書館システム共同運用 早大・慶大 蔵書1000万冊、検索容易【日経産業】
・05月22日 アマゾンジャパン「日販バックオーダー」終了 出版社2000社余りに通知【文化通信】
・05月17日 「ペッパー」が読み聞かせ 日販系、絵本の需要増狙う【日経産業】
・05月16日 講談社 「じぶん書店」本稼働 公式書店130人、ユーザー店4000人【新文化】
・05月15日 日本ABC協会 読み放題サ-ビス大幅増 雑誌販売部数を発表【文化通信】
・05月11日 文藝家協会 教育現場での著作権 無許諾使用に抗議声明【新文化】
・05月11日 光和コンピュータ 経産省支援事業者に 3製品 購入費用に補助金【新文化】
・05月09日 書籍無断公開5万点か 被害総額10億円警視庁が情報収集 投稿サイト【日本経済新聞】
・05月09日 ベネッセ、会員減歯止め 通信講座5年ぶりプラス 端末を使ったサービス奏功【日本経済新聞】
・05月08日 学校図書館の電子書籍好調 「今後も使いたい7割」【読売新聞】



【04月】
・04月27日 富士山マガジンS 記事・画像単位の配信へ 「記事抽出システム」開発【新文化】
・04月27日 小学館 ディー・エヌ・エーとデジタル事業創出で合意【新文化】
・04月24日 電通、雑誌の記事単位配信 富士山マガジンのシステム活用【文化通信】
・04月24日 LINE アカウントメディアプラットフォーム 新たに読売など参画、172メディアに【文化通信】
・04月21日 DeNA、小学館と協力 メディア事業出直し検討【日経】
・04月20日 PDF形式の雑誌記事 電通、AI使い変換【日経産業】
・04月20日 LINEマンガ 4年間で急成長 月商10億円超 前年比50%増【新文化】
・04月17日 メディアドゥ子会社化完了 新役員体制に 出版デジタル機構【文化通信】
・04月17日 メディアドゥ 大幅な増収増益決算に 電子書籍事業が33%拡大【文化通信】
・04月17日 新聞・雑誌記事1本ずつ販売 アウトソーシング【日経】
・04月10日 群雄割拠の小説投稿サイト【文化通信】
・04月10日 LINE 新メディア「てをつなご。」創刊 雑誌の世界観を実現【文化通信】
・04月06日 日本電子図書館 「ライブラリエ」導入30館に【新文化】
・04月06日 書協「書籍の出版企画・製作など実態調査」 電子書籍の刊行7割超に【新文化】
・04月06日 光文社 「WEB女性自身」 リニューアルでPV・広告収入増【新文化】
・04月06月 ネット閲覧のソフト開発買収 メディアドゥ【日経】
・04月05日 楽譜になる電子書籍端末 寺田倉庫系【日経産業】
・04月03日 スマホでのマンガ利用伸長 LINE調査【文化通信】
・04月03日 アマゾン、電子書籍値下げ弱める 米欧「書店は死なず」【日経】
・04月03日 JDLS 導入館数が30館に コンテンツ2万点を超える【文化通信】



【03月】
・03月27日 「スマホでマンガ」27% LINE調査、30〜40代拡大【日経産業】
・03月20日 利用者が開設 「じぶん書店」4月に開始 講談社【文化通信】
・03月20日 電子書店、誰でも開設 講談社、成果報酬サービス【日経産業】
・03月20日 LINE/マガジンハウス 共同で新メディア創刊【文化通信】
・03月20日 CCCメディアハウス/DNP ネット、フリペ、イベントで海外発信【文化通信】
・03月16日 日本能率協会 紙+デジタル技術・サービス 「電紙出版」を開始【新文化】
・03月16日 講談社、電子書店「じぶん書店」開始へ【新文化】
・03月16日 紀伊國屋 Kinoppyで洋書の電子版販売【新文化】
・03月13日 ABC協会 17年度事業計画を決定 デジタル雑誌公査の対応検討【文化通信】
・03月10日 個人が電子書籍販売のサービス 講談社【日経】
・03月09日 メディアドゥ 出版デジタル機構を子会社化【新文化】
・03月09日 小ロット重版でコスト削減 PODに取組む3事例【新文化】
・03月06日 メディアドゥ 出版デジタル機構を傘下に【文化通信】
・03月06日 出版社のデジタルメディア広告 電通 前年比20%増と推計【文化通信】
・03月06日 出版科研 2016年コミック 紙+電子は0.4%増に 電子が紙の落ち込み補完【文化通信】
・03月06日 IDPFがW3Cに統合、その影響は【文化通信】
・03月02日 読み放題アプリ フジテレビ参入 自社サービス会員向け【日経産業】
・03月02日 出版デジタルを80億円で買収 メディアドゥ【日経産業】
・03月02日 2016コミックス単行本市場 過去最高の3407億円 電子版が27.1%増【新文化】



【02月】
・02月28日 メディアドゥ、同業を買収 電子書籍取次、80億円で【日経】
・02月27日 講談社第78期 デジタルが雑誌、書籍上回る【文化通信】
・02月23日 デジタル雑誌読み放題「不参加出版社を積極支援」紀伊國屋書店・高井社長が言及【新文化】
・02月23日 デジタルコミック協議会 シンポジウム「マンガの未来」 海外展開の事例紹介【新文化】
・02月22日 講談社、増収増益に 3期ぶり、デジタル伸び 前期単独【日経】
・02月16日 文藝春秋 電子書籍事業が好調 「火花」17万ダウンロード記録【新文化】
・02月13日 集英社と資本提携 メディアドゥ【文化通信】
・02月10日 専用端末での電子本販売終了 ソニー【日経産業】
・02月09日 朋栄ロジスティック オンデマンド印刷を本稼働【新文化】
・02月09日 集英社、メディアドゥ株式1.0%取得【新文化】
・02月09日 J:COM 500誌「読み放題」を開始 雑誌とNHKテキストで【新文化】
・02月06日 ピースオブケイク社と資本業務提携 イード【文化通信】
・02月06日 電流協がPOD活用セミナー 出版社活用事例など報告【文化通信】
・02月06日 白ヤギコーポレーションと資本業務提携 講談社【文化通信】
・02月06日 女性向け新メディアを共同開発 講談社/デジタルガレージ【文化通信】
・02月06日 出版とウェブ技術融合へ W3CとIDPFが統合契約を締結【文化通信】
・02月02日 講談社 女性向け新メディア共同開発で デジタルガレージと合意【新文化】
・02月02日 拡大する電子出版市場 16年販売額 1909億円 前年比27%増【新文化】



【01月】
・01月30日 2016年出版市場 紙は3.4%マイナス 電子の占有率11.5%に【文化通信】
・01月27日 AIベンチャーに出資 講談社、デジタル収益拡大【日経産業】
・01月23日 設立総会開催 デジタルアーカイブ推進コンソーシアム【文化通信】
・01月19日 デジタル印刷 成長狙う リコー、ソフト会社買収【日経産業】
・01月19日 JPRO登録書誌データ拡大へ パンフレット作成【新文化】
・01月16日 ドイツテレコムから tolinoの技術基盤買収 楽天Kobo【文化通信】
・01月16日 第10回電子出版アワード 「医書.JP」が大賞に【文化通信】
・01月12日 未来屋書店 「デジ増し」を開始 雑誌紙版購入で電子版無料【新文化】
・01月12日 ハースト婦人画報社 グルメ記事を配信 NTTドコモ「dグルメ」で【新文化】
・01月12日 アマゾン読み放題 通告無く昨年「除外」 光文社など提供を再開【日経】
・01月12日 PHP研究所 POD事業に本腰 通販サイト開設【新文化】



2016年

【12月】
・12月27日 雑誌、デジタル外も模索 16年売り上げ高、41年ぶり書籍下回る【日経】
・12月26日 データベース事業統合 18年4月に向け準備 書協・JPO【文化通信】
・12月22日 少量多品種の受注対応 リコー、印刷機管理ソフト【日経産業】
・12月22日 ゲオインタラクティブ 「GEOマンガ」213店で開始 電子貸本サービス【新文化】
・12月19日 中核企業3社が出資 会社組織に DOD出版センター【文化通信】
・12月19日 小ロット印刷対応 「デジタル書籍生産ライン」導入 東洋美術印刷【文化通信】
・12月19日 雑誌・マンガ読み放題サービス導入800店突破 春うららかな書房【文化通信】
・12月19日 LINE 地方紙など26媒体が新たに参画 1月から有料配信【文化通信】
・12月16日 ドコモ「dグルメ」に記事 ハースト婦人画報社 月4本程度配信【日経MJ】
・12月15日 国会図書館 コンテンツ数3508に 「電子書籍実証実験」報告【新文化】
・12月15日 DNP 「honto感謝の会」開く リアル書店と連動施策も【新文化】
・12月08日 電子書籍の「モアレ」軽減 共同印刷【日経産業】
・12月08日 電子コミックレンタル参入 ゲオ、実店舗で決済【日経産業】
・12月08日 デジタル・オンデマンド出版センター設立 光和コンピューター【新文化】
・12月08日 インプレス 「ショートラン」本格稼働【新文化】
・12月01日 講談社 デジタル売上げ68%増 新刊説明会で野間社長【新文化】



【11月】
・11月28日 電流協『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2016』発行【文化通信】
・11月28日 『農業と経済』のバックナンバー 過去75年分を電子化し配信 昭和堂【文化通信】
・11月24日 フライングライン 「農業と経済」デジタル化 バックナンバー、ネットで閲覧【新文化】
・11月21日 「聴く本」出版界も傾聴【日経MJ】
・11月17日 文藝家協会など権利者団体 著作権者不明作品の利用 「拡張裁定制度」で実験【新文化】
・11月14日 権利者団体8団体など オーファンワークス実証事業がスタート【文化通信】
・11月14日 「NetGalley」来年2月にアルファ版公開へ 出版デジタル機構 出版社向けに説明会【文化通信】
・11月10日 日本電子図書館サービス DNP、TRCが出資【新文化】
・11月10日 電子図書館 整備の遅れ浮き彫りに 電流協が公共図書館1077館調査【新文化】
・11月10日 BookLiveが資本提携 白ヤギコーポレーションを関連会社に【新文化】
・11月07日 ブックビヨンド 電子書籍プラットフォーム 作成・配信サービスを開始【文化通信】
・11月07日 DNPグループ JDLSと資本提携 大手出版社・紀伊國屋と同率出資【文化通信】
・11月01日 電子図書館で1億円出資 大日本印刷 出版・書店3社と連携【日経産業】



【10月】
・10月31日 書店で電子コミック試し読み トーハン×LINE【文化通信】
・10月31日 小学館、中国語で配信 訪日客向けサイト 情報誌を翻訳【日経MJ】
・10月27日 アマゾンVS.出版社 読み放題で主導権争い 円満解決、成長に不可欠【日経産業】
・10月27日 dマガジン 「法人向けプラン」開始へ 書店人「看過できない事態」【新文化】
・10月27日 “マンガ”専用のKindle発売 アマゾンJ【新文化】
・10月21日 アマゾン 日本限定キンドル 長寿マンガ全巻読めます【日経MJ】
・10月19日 マンガ向け大容量キンドル アマゾンジャパン【日経】
・10月19日 書籍要約サービスのフライヤー メディアドゥが子会社化【日経産業】
・10月18日 「読み放題」対象除外 アマゾン、言及せず 電子書籍新端末 説明会【日経】
・10月17日 台湾で電子書店開設 大手出版社と提携 現地に専任チーム Kobo社【文化通信】
・10月13日 書経 著作権法第35条の権利制限 法改正で範囲拡大に反対【新文化】
・10月13日 「電子書籍」販売動向加える 出科研、「出版月報」に【新文化】
・10月12日 読書カレンダー機能 ブックウォーカー 専用アプリに【日経MJ】
・10月10日 講談社 アンリミテッドからの作品削除で アマゾンへの抗議を発表【文化通信】
・10月07日 アマゾンに小学館も抗議 読み放題削除で【日経MJ】
・10月06日 コンテンツ支援サービス「ピカソル」開始へ【新文化】
・10月06日 講談社、アマゾンに抗議 「提供書目、一方的に削除」【新文化】
・10月05日 講談社、アマゾンに抗議 通告なく読み放題除外【日経MJ】
・10月05日 アマゾン読み放題削除 小学館も抗議【日経】
・10月05日 アマゾン「読み放題」誤算 作品除外で出版社と対立【日経産業】
・10月04日 全作品「読み放題」の対象外に 講談社 アマゾンに抗議【日経】
・10月03日 ピコハウス オーディオブック事業で定額制サービス「リスボ」の提供開始【文化通信】
・10月03日 クラウドサービス 「Picassol」11月からスタート 出版デジタル機構【文化通信】



【09月】
・09月30日 中国語の電子書籍配信 楽天、台湾出版社と提携【日経】
・09月29日 第23回東京国際ブックフェア 「読者謝恩」前面に盛況!【新文化】
・09月26日 JEPA30周年 記念講演会など開く【文化通信】
・09月22日 書協/JPO 業務統合委を設置 出版情報登録を一本化【新文化】
・09月19日 専門書、電子書籍で販売 大日本印刷系 個人向けに3万冊【日経MJ】
・09月15日 講談社 「群像」70周年記念号 電子配信を開始【新文化】
・09月15日 honto 「ブックツリー」本格始動へ 1000点をテーマごとに【新文化】
・09月14日 電子マンガ読み回そう 楽天 SNSでシェア【日経MJ】
・09月12日 楽天 電子書籍端末の最上位モデル発売【文化通信】
・09月12日 日本のコミック・ラノベを展開 タイ出版社と合弁会社設立 KODOKAWA【文化通信】
・09月12日 中国合弁会社にネット大手が資本参加 KADOKAWA 【文化通信】
・09月08日 楽天 新型Koboを発売 防水、最大画面に【新文化】
・09月08日 KADOKAWA タイ、中国で新会社・提携 マンガ、ラノベ発信に本腰【新文化】
・09月05日 メディアドゥ 「bizbook」 法人向け電子書籍サービス開始【文化通信】
・09月02日 読み放題の経験者9% 電子書籍 2人に1人認知せず【日経MJ】
・09月02日 読み放題、高額書消える アマゾン マンガ人気が重荷【日経MJ】
・09月01日 マンガボックス 新機能「チャレンジ枠」 一般から稿料付き連載【新文化】
・09月01日 アマゾン読み放題 高額・人気作突然消える【日経】



【08月】
・08月31日 アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?【朝日新聞デジタル】
・08月29日 トゥ・ディファクト ブックツリーサービスを開始【文化通信】
・08月29日 電子書籍販売サイト 著名人ら作品推薦 大日本印刷【日経産業】
・08月29日 電子書籍 読み放題相次ぐ 人気作品の争奪戦に【日経産業】
・08月29日 集英社第75期業績 電子など「その他」がカバー 増収増益に【文化通信】
・08月26日 米ピンタレスト 記事共有サービスを買収【日経産業】
・08月12日 定額読み放題 あふれる電子書籍【日経産業】
・08月12日 スマホで200誌 読み放題 「楽天マガジン」月額410円【日経産業】
・08月11日 楽天も「読み放題定額サービス」開始 11ジャンル200誌 月額410円【新文化】
・08月11日 「dマガジン」に強い危機感 今野書店社長が問題提起【新文化】
・08月10日 楽天、雑誌読み放題参入 スマホなど5台で月410円【日経産業】
・08月10日 電子書籍読み放題 夏の陣 楽天、雑誌月410円で参入【日経】
・08月08日 小学館「マンガワン」 600万DL、月商1億円突破【文化通信】
・08月08日 アマゾン 12万冊対象に読み放題サービス開始【文化通信】
・08月05日 アマゾン、読み放題スタート【日経MJ】
・08月04日 アマゾンJ 電子読み放題 開始 月額980円で、和書12万点【新文化】
・08月04日 アマゾン、定額読み放題参入 価格、品数で競争激化【日経産業】
・08月03日 アマゾン定額読み放題 きょうから 国内作品12万冊 新作対象外多く【日経】
・08月01日 出版科研 上半期出版市場 電子込みで0.3%減【文化通信】
・08月01日 インプレス 電子出版市場調査を発表 電子書籍は前年比25.1%増に【文化通信】
・08月01日 アメリカの電子書籍 ”市場縮小”は誤り? デジタル機構・新名社長が講演【文化通信】



【07月】
・07月29日 書籍や記事要約 スイス社に出資 楽天、連携めざす【日経産業】
・07月28日 漫画家に広告収入還元 コミックスマートのアプリ【日経産業】
・07月28日 アプリ「comico」 2000万DLを突破【新文化】
・07月27日 読みやすさ、AIが分析 ツギクル 小説投稿サイト公開【日経産業】
・07月18日 配本書籍の8割を網羅 JPO 出版情報登録センター【文化通信】
・07月18日 電子出版とウェブの団体が統合へ IDPF ビル・マッコイ事務局長がセミナー【文化通信】
・07月18日 集英社 「本屋さんアプリ」ナツコミに合わせて本格開始【文化通信】
・07月18日 講談社など「読み放題」参加【日経MJ】
・07月15日 アマゾン 定額読み放題 講談社・小学館が参加【日経】
・07月11日 楽天ブックス ブックサービスの事業統合【文化通信】
・07月11日 中国の「百度」と業務提携 NHN comico【文化通信】
・07月11日 JPO出版情報登録センター 書誌情報100万点突破【文化通信】
・07月11日 「リーダーストア」引き継ぐ ソニー・ミュージックエンタテインメント【日経産業】
・07月07日 購入情報共有し本棚機能を連携 KADOKAWAとトーハンの電子書店【新文化】
・07月06日 フライヤーと日本ユニシス、今月にも 本の要約、法人向け配信【日経産業】
・07月04日 本好き向けにリニューアル トゥ・ディファクト【文化通信】
・07月04日 電子書籍に「指挟む」新機能 米アマゾン・ドット・コム【日経産業】
・07月04日 KADOKAWA/トーハン 電子書店で連携開始【文化通信】



【06月】
・06月30日 「honto」リニューアル 実店舗の“躍動感”演出【新文化】
・06月27日 アマゾンジャパン 読み放題サービス8月開始へ 出版社への参加交渉大詰め【文化通信】
・06月27日 KADOKAWA 「アスキー」読み放題に 過去3年分、月1000円で【日経MJ】
・06月16日 ヤフー イーブックJを子会社化 TOBで株式49%買付け【新文化】
・06月16日 日本エンタープライズ 新人作家の発掘・育成へ【新文化】
・06月16日 電子書籍が初の黒字 学研HD、実用書など好調【日経】
・06月13日 デジタル教科書、次期指導要領改訂時に導入 文科省検討会議中間まとめを公表【文化通信】
・06月13日 視覚障がい者向け電子書籍システム TRC・DNP、日本ユニシス、ボイジャーが共同開発【文化通信】
・06月10日 ヤフー、イーブックにTOB 電子書籍の成長見込む【日経産業】
・06月10日 イーブックを子会社に ヤフー ポータルの集客増狙う【日経】
・06月09日 電子教材の基盤共通化 学研など 学校向け普及へ議論【日経】
・06月09日 TSUTAYA「Airbook」 「ベリーズ文庫」加わる【新文化】
・06月06日 小学館第78期決算 電子コミック大幅伸長【文化通信】
・06月02日 電流協総会 代表理事に中尾氏【新文化】
・06月02日 医書.jp 6月から配信開始 600点余のコンテンツを【新文化】



【05月】
・05月30日 電流協総会 中尾光宏氏が新会長【日本印刷新聞】
・05月30日 電流協 第6回定時社員総会 凸版・中尾氏が会長に【文化通信】
・05月30日 医書.jp 6月6日サービス開始【文化通信】
・05月27日 絵本やアニメ見放題 学研プラス、スマホアプリ【日経MJ】
・05月19日 視覚障害者、電子図書館利用便利に 「サイトビューワ」搭載システム開発 DNP、TRCら4社共同で【新文化】
・05月19日 紙と電子を融合した出版事業を 寄稿 出版デジタル機構社長【新文化】
・05月18日 本、視覚障害者も検索簡単 電子図書館システム開発 大日本印刷など4社【日経産業】
・05月18日 投稿サイト 作家登竜門に【日経MJ】
・05月16日 春うららかな書房 電子雑誌・マンガ読み放題 複合カフェへ導入【文化通信】
・05月16日 W3C/IDPF ウェブと電子出版 国際標準化団体が統合へ【文化通信】
・05月16日 comico 中国でマンガ配信開始【文化通信】
・05月13日 漫画喫茶で読み放題 ソフトバンク系、電子雑誌も【日経MJ】
・05月13日 雑誌読み放題、コンビニ販売 オプティム【日経産業】
・05月12日 春うららかな書房 雑誌 漫画 読み放題サービス開始 複合カフェ418店で【新文化】
・05月08日 全小中高に無線LAN 電子教科書に対応 20年までに【日経】
・05月04日 LINE決済 導入促す 電子書店の手続き簡素化【日経MJ】
・05月02日 中国でマンガアプリ コミコ、4ヵ国・地域目【日経MJ】
・05月01日 JDLS 高橋裕司が代取社長 太田修氏が代取専務【文化通信】
・05月01日 DOD出版センター ウェブで見積もり可能 5月10日にサービス開始【文化通信】



【04月】
・04月28日 電子書籍端末「リディオ」販売終了【新文化】
・04月28日 アマゾンJ 新型Kindle発売【新文化】
・04月28日 「マンガボックス」DL1000万超【新文化】
・04月25日 自由キーワードで検索 富士山マガジン 4000雑誌から【文化通信】
・04月21日 中上健次「電子版全集」配信 小学館、生誕70周年記念で【新文化】
・04月21日 女性向けデジタルメディア開設 小学館【新文化】
・04月21日 出版デジタル機構 POD参入呼びかけ【新文化】
・04月21日 キーワードで雑誌内容検索 富士山マガジン【日経産業】
・04月21日 「楽天マンガ」配信開始 1話30〜50円【日経産業】
・04月20日 電子マンガ専門サイト 楽天、きょうから【日経】
・04月20日 電子雑誌を定期配信 トーハン 週刊誌など100タイトル【日経MJ】
・04月18日 北米アニメ・マンガ・ラノベ市場拡大に直接投資 KADOKAWA【文化通信】
・04月18日 comico発コミック 初の実写映画化が決定【文化通信】
・04月15日 「本」に触れると画面反応 凸版が観賞用システム【日経産業】
・04月14日 新型キンドル 2ヵ月充電いらず アマゾン発売【日経産業】
・04月14日 KADOKAWA 米で多角メディア展開 アシェットBGと合弁会社【新文化】
・04月14日 3割薄い電子書籍端末 アマゾン【日経】
・04月11日 出版デジタル機構 POD取次事業説明会【文化通信】
・04月07日 「Cobalt」デジタルに移行 集英社【新文化】
・04月06日 ネットへの無料記事提供 「新聞・雑誌 実験の時」【日経産業】
・04月01日 アプリ発マンガ・雑誌続々【日経MJ】



【03月】
・03月28日 一迅社 ウェブマガジン コミックプールをスタート【文化通信】
・03月24日 丸善&ジュンク堂ネットストア hontoと統合へ【新文化】
・03月24日 ペロリ「MERY」創刊 アプリと連動、ファッション誌【新文化】
・03月24日 電子コミック 67.8%が「読んだことない」 女子小学生対象にKADOKAWAが調査【新文化】
・03月21日 発売2週間前に内容確定 JPO 出版情報登録センター【文化通信】
・03月21日 TRCとJDLSで電子図書館への販売を開始 JTBパブリッシング【文化通信】
・03月17日 JPRO 書誌データ6項を追加【新文化】
・03月10日 雑誌読み放題「お得感」配信【日経産業】
・03月09日 書籍販売サイトを統合 大日本印刷グループ【日経MJ】
・03月07日 ヨドバシの電子書籍配信 他社コンテンツも対応【日経MJ】
・03月07日 図書館向け電子書籍1万冊超える 日本電子図書館サービス【文化通信】
・03月07日 講談社『クーリエ・ジャポン』デジタルに移行【文化通信】
・03月07日 15年コミック販売額 電子の伸長が減少をカバー【文化通信】
・03月03日 コッミク市場4437億円 紙版8.4%減、電子31.8%増【新文化】



【02月】
・02月29日 書協 『「図書館と出版」を考える』報告集作成【文化通信】
・02月26日 昭文社の旅行ガイドアプリ ダウンロード数 1年で倍増【日経産業】
・02月22日 JPO JPROのデータ仕様変更に伴う実務者向け説明会を開催【文化通信】
・02月19日 関連書籍の要約提供 情報工場、まずテレ東と【日経産業】
・02月18日 電子時代、書き手のこれから 鈴木みそ氏が熱弁【新文化】
・02月18日 雑誌読み放題サービス「タブホ」 セブンでもチケット購入可【新文化】
・02月18日 絵本ナビ 絵本デジタル版読み放題を開始【新文化】
・02月16日 アマゾンが実店舗網 書店など 顧客との接点増やす【日経】
・02月15日 絵本ナビ 「市販絵本のデジタル読み放題」開始【文化通信】
・02月15日 アマゾン出版社別年間売上ランキング 電子書籍は文藝春秋が躍進【文化通信】
・02月15日 1月の月間PVが1億6000万を突破 東洋経済オンライン【文化通信】
・02月11日 電子を牽引「BOOK☆WALKER」 5周年「感謝のつどい」開く【新文化】
・02月08日 ブックウォーカー 開設5周年感謝のつどい【文化通信】
・02月04日 図書館界と連携強化へ 書協窓口に 図書館協会と定期懇談【新文化】
・02月04日 出版6団体 「軽減税率専門委員会」設置【新文化】
・02月01日 出版科研 出版物の販売額 紙と電子合わせ2.8%減に【文化通信】
・02月01日 NHN comico ネット発コミックが100万部突破【文化通信】



【01月】
・01月28日 変革する海外の雑誌デジタル事業【新文化】
・01月28日 ハースト婦人画報社 デジタルのみの新メディア 「コスモポリタン」開設【新文化】
・01月28日 書誌登録件数80万点超に JPRO【新文化】
・01月28日 インプレスR&D デジタルファースト本 取次委託で流通に【新文化】
・01月28日 2015年出版物推定金額 5.3%減、1兆5220億円 電子市場 31.3%増 1502億円【新文化】
・01月27日 米バズフィード 日本上陸 SNSの力で記事発信【日経MJ】
・01月26日 電子出版31%増 1500億円市場に 昨年、民間調べ【日経産業】
・01月25日 出版情報登録センター データ仕様の変更を説明【文化通信】
・01月25日 雑誌読み放題サービス拡充【日経産業】
・01月25日 BuzzFeed日本版公開 「楽しまれ、信頼され、シェアされる」メディア目指す【文化通信】
・01月22日 無料で雑誌読み放題 オプティム、秋葉原・品川で 【日経MJ】
・01月14日 実業之日本社 金融情報会社と業務提携 出版コンテンツを配信【新文化】
・01月13日 商業施設で雑誌読み放題 オプティム、無線LAN活用【日経産業】
・01月11日 第9回電子出版アワード 大賞は「Vivliostyle」 JEPA【文化通信】
・01月11日 NHN comico 単行本11作品を電子書籍化 3作品は英語版も同時に配信開始【文化通信】


※過去の電子出版ニュース

活動スケジュール  更新日:2017/12/05 14:23

【12月予定】
・12月04日(月) 13:30-14:30 広報普及委員会
・12月06日(水) 15:30-17:00 流通規格・流通配信部会
・12月12日(火) 13:30-14:30 総務会
・12月12日(火) 15:30-17:00 オンデマンド制作流通部会
・12月18日(月) 16:00-18:00 電流協忘年会

発売中

『電子図書館・電子書籍貸出サービス 調査報告2016』
希望小売価格:1,700円 + 税 (この商品は非再販商品です)
2016年11月刊行
[詳細はこちら]

『電子図書館・電子書籍貸出サービス 調査報告2015』
希望小売価格:1,700円 + 税 (この商品は非再販商品です)
2015年11月刊行
[詳細はこちら]

『電子図書館・電子書籍貸出サービス』 調査報告2014
希望小売価格:2,600円 + 税 (この商品は非再販商品です)
2014年11月刊行
[詳細はこちら]

『電子書籍制作・流通の基礎テキスト
出版社・制作会社スタッフが知っておきたいこと』
希望小売価格:2,000円+税 (この商品は非再販商品です)
[詳細はこちら]

電流協ホームページについて

 アクセシビリティ、カラーユニバーサルデザインに配慮した制作を行っております。何かお気づきの点がございましたらご意見、ご感想をいただけますと幸いです。