このページの本文へジャンプ 
サイト共通メニューへジャンプ 
会員向けメニューへジャンプ
電子出版制作・流通協議会



出版におけるAI活用の現状とAIがもたらす未来

本セミナーでは、現在の出版におけるAIの利用状況について、実際にAIを活用したサービスを提供していらっしゃる事業者の方にそのサービスをご紹介いただいたうえで、今後の活用の可能性やAIがもたらすであろう出版の未来について、パネルディスカッション形式でお話しいただきます。

【アジェンダ】
1.出版の各分野での活用事例
 <制作・配信におけるAI活用>
 1)「Magaport」が実現するAIを使った雑誌記事のマイクロコンテンツ化
      株式会社富士山マガジンサービス COO 神谷 アントニオ 氏

 2)オンライン線画自動着色サービスPaintsChainer™ (ペインツチェイナー)
      株式会社Preferred Networks エンジニア 米辻 泰山 氏

 <流通におけるAI活用>
 1)「コミックシーモア」におけるAIによるレコメンドサービス
      NTTソルマーレ株式会社 電子書籍事業部 事業戦略グループ
                  グループ長 石黒 暁久 氏

2.パネルディスカッション

「電子出版におけるAI活用の現状とAIがもたらす未来」

モデレーター:高野 明彦 氏(国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 教授)
パネリスト(講演順):
      神谷 アントニオ 氏/米辻 泰山 氏/石黒 暁久 氏

【開催日時】
2018年07月10日(火) 15:00-17:00

【開催場所】
〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室

アクセス:http://www.jcii-cameramuseum.jp/map/jcii-map.pdf
最寄駅:東京メトロ・半蔵門線  半蔵門駅 4番出入口より徒歩1分

【参加費】
電流協会員社:無料、非会員社:2,000円(当日会場にて申し受けます)

【お申込み方法】
お申込みは下記URLよりお願いいたします。

定員に達したため、申し込みを締め切らせていただきました。


報告および配布資料

配布資料はありません