このページの本文へジャンプ 
サイト共通メニューへジャンプ 
会員向けメニューへジャンプ
電子出版制作・流通協議会



電流協 オープンセミナー

【タイトル・内容】
「ブロックチェーン時代」のメディアビジネス
 “価値と信用のプラットフォーム”拡大がもたらす可能性は?

メティアヒシネスとフロックチェーン
[大きい画像を表示]


内容
(1)ブロックチェーンとは
(2)仮想通貨以外のブロックチェーン技術の状況
(3)メディアビジネスへの影響の可能性
(4)動き出している新たなメディアプラットフォームプロジェクト
(5)今後の方向

・2018年はブロックチェーン技術を使ったさまざまなメディアプラットフォームが、実際に動き始める年になるといわれる。

・仮想通貨ばかりが注目されてきたが、その技術はメディアビジネス全体に大きな影響を与える可能性がある。中央での一元管理、中央からの配信を前提としたこれまでのビジネスモデルが崩れる可能性がある。

・著作権の管理やコンテンツ課金の仕組みには直接影響を与えるだろうし、コンテンツ制作の新たな資金調達手段が生まれることから、アーティストとファン、読者・視聴者とメディアの関係にも大きな変化が訪れそうだ。また、スマートコントラクトの普及でさまざまな分野で業務の効率化を一気に進む可能性がありそうだ。

・ブロックチェーンはメディアプラットフォームをどう変えようとしているか、現在動きつつあるさまざまなプロジェクトの分析からその方向を探ってみる。

【開催日時】
2018年3月8日(木)15:00〜16:30 (14:30 開場・受付開始)

【開催場所】
〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室 [アクセス] 最寄駅:東京メトロ・半蔵門線  半蔵門駅 4番出入口より徒歩1分

※ JCII…Japan Camera Industry Institute
      一般財団法人 日本カメラ財団

【講師】
出版コンサルタント 堀 鉄彦氏

【参加費】
電流協会員社:無料、非会員社:2,000円(当日会場にて申し受けます)

【定員】
120名
※ 定員を超過した場合は、お断りする場合がございますので、ご了承願います。

【お申込み方法】
お申込みは下記URLよりお願いいたします。

【申込みフォーム】


堀 鉄彦(ほり てつひこ)氏 プロフィール
ジャーナリスト/コンサルタント/ホリプランニング代表
1986年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。日経パソコン、日経ネットナビなどの雑誌副編集長を経て、2010年4月から2015年3月末まで日経BP社ライツセンター/コーポレート管理室マネージャーとして、メディア業界の動向調査や著作権・版権、出版業界団体関連の業務を担当。
2015年4月に退社し、メディアビジネスのジャーナリスト/コンサルタントとして独立。執筆のほか、メディア企業のアドバイザーとして活動中。
現在、「文化通信」にて「生まれ変わる出版プラットフォーム」を連載するほか、複数の出版・コンテンツ関連メディアに執筆中。

報告および配布資料

資料準備中。
当日資料の配布はございません。事前にダウンロードして頂く形となります。
セミナー前日に掲載を予定しておりますので、今しばらくお待ち下さい。