このページの本文へジャンプ 
サイト共通メニューへジャンプ 
会員向けメニューへジャンプ
電子出版制作・流通協議会



海外事業者に公平な課税適用を求める緊急フォーラム

「海外事業者に公平な課税適用を求める緊急フォーラム」
―― インターネットサービスにおける消費税制の是正を! ――

【主催】
 公益財団法人 文字・活字文化推進機構
 海外事業者に公平な課税適用を求める協議会
 インターネットサービスにおける公正な消費課税を求める連絡会

【開催主旨】
 インターネットを通じたオンラインコンテンツ(電子書籍、音楽、映像等)やネット広告、クラウドといったインターネットサービスは、現在海外事業者が積極的に日本市場に参入し、国内事業者と競合しています。
 しかし、これらのサービスにおける消費税は、国内事業者には課税される一方、海外から配信する事業者には課税されないという不公平な状態になっています。
 そのため、国内企業は消費税相当額だけ価格競争上の不利な立場にたたされ、やむなく海外に拠点を移す事例も出始め、事業法人税や雇用の減少にもつながっていきます。今後さらに、消費税率が引き上げられることによって、問題の深刻さが懸念されます。
 本緊急フォーラムでは、本件に取り組まれている国会議員の方々もお招きして国会での取り組み状況をお伺いするとともに、この問題の実態をより多くの関係者にご理解いただき、問題の是正にむけ関係者が一丸となって取り組んでいくことを目的としています。

【式次第】
司会(14:30〜  )
 永井祥一(日本出版インフラセンター専務理事)

主催者挨拶(  〜14:35)
 肥田美代子(海外事業者に公平な課税適用を求める協議会会長)

国会報告(14:35〜15:15)※一部依頼中
 三宅伸吾議員(自民党)
 平木大作議員(公明党)
 大久保勉議員(民主党)
 桜内文城議員(日本維新の会)

これまでの活動と政府各党の動向について(15:15〜15:35)
 植村八潮(専修大学文学部教授)

海外事業者と消費課税問題(15:35〜16:15)
 三木義一(青山学院大学法学部教授)

声明文採択と朗読(16:15〜16:20)
 肥田美代子

閉会の挨拶(16:20〜16:25)
 高井昌史(紀伊國屋書店代表取締役社長/海外事業者に公平な課税適を求める協議会副会長/インターネットサービスにおける公正な消費課税を求める連絡会副代表幹事)

【日時】
 平成26年04月10日(木)
  フォーラム 14:30〜16:30
  記者会見  17:00〜18:00

【場所】
 一橋大学一橋講堂(フォーラム会場) 特別会議室102(記者会見会場)
 〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内

【フォーラム参加申し込み】

※定員に達し次第、締め切りとさせて頂きますのでお早めに申込みください。